当社にはダブルワークを行っている従業員がいます。午前中は他のA事業所で勤務し、夕方くらいから当社(B事業所)にて勤務しています。他社と当社の労働時間を通算すると8時間を超えるようなのですが、割増賃金の支払い義務は当社にあるのでしょうか。

労基法第38条において、「労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する。」と規定されていることから、

A社とB社があった場合、その労働時間を通算し、1日8時間、1週40時間の法定労働時間枠を超えた場合には、割増賃金の支払い義務が発生します。

法的には、後で契約を結んだ方の事業主が支払い義務を負う為、どちらの会社が先に労働契約を結んだかを確認する必要があります。