昨日、新居浜・西条経済研究会(7月例会)に参加させて頂きました。

 

今回の講師は四国旅客鉄道株式会社 相談役 梅原利之 様。演題は「四国に新幹線を」。

新幹線と言えば、平成27年3月14日、北陸新幹線開業が大きな話題となり地元は大盛り上がりのようです。

更に、次は青函トンネルを通って新幹線が北の大地北海道へ・・・

 

そんな話も、四国の片田舎に暮らす私にとっては、どこか遠い話でした。

確かに、これまでも四国に新幹線を・・・という事で、フリーゲージトレインの話等を耳にしてきましたが、やはり実現は難しいものなのかなと漠然と考えていました。

 

しかし、我々一般人の知らない所で、関係者の方々は様々なご苦労をされていたんですね(@_@;)

昭和63年に供用開始され、本州への架け橋として我々四国人が大切にしている瀬戸大橋!!

実は、初めから在来線のみならず、新幹線も並行して使用できるように作られていたなんて、

皆さんご存知でしたか!?

私は全く知りませんでした\(◎o◎)/!

 

これまで、夢の話としか考えた事が無かった四国の新幹線。今回の講演で私の中では「実現可能な近未来

と思えるようになってきました。

 

いつか四国に新幹線が走る姿を是非見てみたいものです♪