先日、新居浜・西条経済研究会(3月例会)に参加させて頂きました。

 

今回のゲストは、愛媛県東温市にある『坊ちゃん劇場』を運営する㈱ジョイ・アート代表取締役 越智 陽一 様。

 

愛媛県内に住んでいるので『坊ちゃん劇場』の存在は知ってはいたものの、実際に「観劇」となると少し縁遠い気がして、今まで足を運んだ事はありませんでした。

 

しかし、お話を伺うと地方でオリジナルの舞台を年間を通じ上演している劇場というものが、日本国内でもかなり珍しいとの事。更に、舞台の本を書いているのが、なんと…ジェームス三木!!(@_@;)

想像していたよりもかなり本格的な劇場がこの愛媛県にあったようです。

 

地方で劇場を経営するというのは、並大抵の事ではありません。

しかし、越智様は民間企業の「営利事業」ではなく、愛媛に文化・芸術の種を撒く「公共事業」と位置付け日々努力されています。(実際に愛媛県内に留まらず、他県やロシアとの文化交流にも多大な貢献をされているそうです。)

 

私も、自分の仕事に打ち込む事で社会(とりあえず地元)に貢献していきます(ー_ー)!!