一般拠出金率の改正について(平成26年4月1日施行)

  

◆労災保険が適用されている事業主のみなさまには、平成19年4月1日より石綿健康被害救済のための「一般拠出金」をご負担いただいておりますが、平成26年4月1日より一般拠出金率が次のとおり引き下げられることとなりました。

 

【一般拠出金率】

現在の一般拠出金率  0.05/1,000  (平成26年3月31日まで)

              ↓

改正後一般拠出金率  0.02/1,000  (平成26年4月 1日施行)

 

 ◎ 一般拠出金の算定方法

  一般拠出金については、申告事由(年度更新、事業廃止など)が生じた時点により、適用する率が定まります。よって、平成26年度の年度更新時における一般拠出金の算定の取扱いは、事業継続の場合、申告事由が年度更新(平成26年度)であるため、平成25年度の賃金総額に新拠出率(0.02/1,000)を乗じた額で算定します。

 

また、次のような場合は、申告事由に応じて適用される率が変わってきますので、下記の東京労働局HPでご確認ください。

○平成25年度中に事業を廃止した場合

○平成25年度中に事務組合委託(または委託解除)となった場合 

 

詳細についてはこちらをご覧ください。⇒ 東京労働局HP(一般拠出金率の改正について)