先日、退職予定の従業員から「退職日までに残っている有給休暇を全部消化して退職したい。」との申出を受けました。これを拒否することはできないのでしょうか。

法的にはこれを拒否することはできません。現実的な対応としては、退職時には引き継ぎ義務があることを話して、退職日を延期してもらうか、若しくは残った有給休暇を買い上げて退職金に上乗せして支払うことで合意してもらうかになるかと思います。

その際に、引き継ぎ義務違反が損害賠償請求の対象になったり、退職金の減額事由に該当する旨をはっきりと説明するべきでしょう。(就業規則への記載が必要です!)

 
尚、退職時にまとめて有給休暇を消化されることが業務上難しいのであれば、日頃から有給の消化具合をチェックしたり、計画年休を導入し、計画的に有給を消化してもらうよう努力をするべきです。