外国人を雇用されている事業主の方へ

  

 住民基本台帳法の改正により、平成24年7月より、外国人の住民についても住民票が作成され、氏名は原則としてアルファベットで表記されることとなりました。

 日本年金機構においても、外国人被保険者の年金記録を正確に記録するため平成25年7月より、これまでのカナ氏名に加えて、アルファベット氏名を登録することとなりました。

 これに伴い、外国人従業員や被扶養者の方の「被保険者資格取得届」「氏名変更届」「住所変更届」等を提出する際には、「アルファベット氏名登録(変更)申出書」の提出を併せてお願いすることとなります。

 

記載例 クリックすると拡大します↓

 

 詳細についてはこちら↓

http://www.nenkin.go.jp/n/www/info/detail.jsp?id=23189

(日本年金機構HP「お知らせ-外国人を雇用されている事業主の方へ」)