先日、休職している従業員が「すぐに休職前と同じ業務に就くことはできないが、他の簡単な作業であれば復職が可能です。」と言ってきました。こういった場合、復職させる必要はあるのでしょうか。
 会社の規模や、労働契約の内容にもよりますが、職務限定特約などがない場合には、最近の判例の傾向などから勘案すると、原職復帰が困難であっても現実に配置可能な業務があればその業務に復帰させるべきであると解し、原職復帰の可能性を問うことなく復職を広く認める傾向にあります。
 したがって、原則として会社は復職の申し出を拒否することは難しいのではないかと考えます。