昨日は労働法セミナーのためJRで高松まで行ってきました。

演題は「育児と介護に関する企業の対応」

昨今、労働者が育児・介護休業を取るのは当然という風潮があるため法的知識の補充は欠かせません。

講義の中で、難解な法律条文の疑問点も解消でき、先日、役所の方から指摘を受けた事項についての質問にも、先生に納得のいく明確なご回答をいただき、とても有意義なセミナーでした。
『産前産後休業や育児休業等の申し出があった場合には、お互いが権利・義務の主張をするばかりでなく、他の従業員との協調や、労使相互のコミュニケーションが一番大切である』との話は実務的にとても大切なことだと感じました。
 

帰りはいつもどおりJR構内の連絡船うどんを食べました。安くてけっこう美味しいから、高松に行ったときには必ず食べて帰ります。
 

今日は山積みになっている労働保険年度更新のチェックをがんばります(苦笑)