60歳以上の再雇用にかかる社会保険の同日得喪の取扱い変更について

 

平成25年4月1日から、社会保険の同日得喪の対象範囲が拡大されます。

 

【従前】

「特別支給の老齢厚生年金の受給権者である被保険者であって、退職後継続して再雇用される者」

     ⇩ 

【平成25年4月1日以降】

60歳以上の者で、退職後継続して雇用されるもの

 

 

《同日得喪について》

退職後継続して再雇用される場合は、使用関係が一旦中断したものとみなされ、被保険者資格喪失届及び被保険者資格取得届を定年退職日の翌日付で提出することができます。例えば、定年後給与を引き下げて再雇用する場合、この手続きによって、通常給与を引き下げた際に行われる標準報酬月額の随時改定(月額変更:給与が下がって4ヶ月目からの標準報酬月額の変更)を待たずに、標準報酬月額を引き下げることができます。

 

《取扱い変更の背景》

平成25年4月1日以降、年金受給開始年齢が61歳に引き上げられることにより、同日得喪ができない定年退職者が出る可能性がありました。そこで今回、同日得喪の取扱いが変更され、「年金を受給できる被保険者で退職後継続再雇用される方」から「60歳以上で退職後継続再雇用される方」へと拡大されました。 

 

詳細についてはこちら↓

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T130129T0010.pdf

「嘱託として再雇用された者の被保険者資格の取扱いについて(通知)」の 一部改正について(通知)