当社では年棒制を導入しているのですが、新年度の年棒改定時に減額することは不利益変更になりますか。
 就業規則等によって年俸制の根拠規定がある場合は、一律に不利益変更に該当するわけではありません。ただし、こうした年俸制の有無にかかわりなく会社側のサジ加減で年俸を引き下げるような措置は、年俸制の枠外の問題ですので、個々の労働者の合意や、その旨の労働協約の締結ないし就業規則の合理的変更を経由する必要があります。

 実務的には、就業規則等によって減額があり得る制度としての年棒制を規定し、その規定に準じて年棒額を決定し、労働者の合意を得るプロセスが必要であると考えます。