当社では試用期間を3ヵ月と定めています。3ヵ月で従業員の適性判断が困難な場合には試用期間を延長してもいいのでしょうか。
 試用期間を延長する場合には(①就業規則に延長の規定があること ②延長が認められる合理的理由があること)の2点が必要になってきます。試用期間の延長が無制限に認められるものではないことに鑑みると、ご質問のケースでは、就業規則に延長の規定があり、一度不適格との判断を下したか、あるいは適格性に疑問を有したかの前提が必要になってきます。
 ただし、一度不適格と判断した従業員に対して温情で試用期間を延長した場合には、延長前と同一事由のみでの試用期間満了による本採用拒否(解雇)は認められない可能性がありますので注意が必要です。