最近、顧問先のお客様より就業規則の作成に関する問い合わせをよくいただきます。
「監督署の是正勧告を受けたので作成を依頼したい・・・」であるとか、「助成金をもらいたいので就業規則を作成して欲しい・・・」といったものが大多数です(苦笑)就業規則を作成するきっかけは何でもかまわないと思うのですが、作成する際には社長や管理職の方がある程度内容を理解し、会社の実態に合わせた内容にしておくことが重要です。

就業規則作成の肝は、それをいかに運用するかにあるからです。
 雛型の就業規則をそのまま使っているような会社は、いざという時には、ほぼ役に立たない就業規則であるばかりでなく、逆に会社が不利な状況に立たされかねないという認識を持っておくべきだと思います。

 最近のQ&Aでは、就業規則の実務面についての内容を数回アップしていますが、もうしばらくの間続けてみたいと思っていますので、社内での労務管理の参考にしていただけたら幸いです。