ハローワークの求人票の内容と実際に採用するときの労働条件が異なるのは法的に問題があるのでしょうか。
 トラブルが多い事例ではありますが、基本的に労働条件が異なっても法的には問題ありません。求人票の内容がそのまま労働契約の内容となるわけではなく、あくまでも見込み額であると考えられるからです。判例でも、「求人票の内容がそのまま最終の契約条項になることを予定するものでない」とされたものがあります。
 ただし、実務的には、契約を交わす際に労働者に賃金等の労働条件について十分説明し、労使が納得・合意のうえで労働契約を結ぶことをおすすめします。