パートや派遣等の有期契約の社員の場合、契約期間の途中であっても解雇は容易にできるものなのでしょうか。
 考え方的には全く逆で、正社員より有期労働者(パート、派遣等)の方が解雇の要件はかなり厳格です。労働契約法17条1項で「使用者は、期間の定めのある労働契約について、やむを得ない事由がある場合でなければ、その契約期間が満了するまでの間において、労働者を解雇することができない。」とあります。             
 この「やむを得ない事由」とは、喧嘩や横領など明らかに解雇が社会通念上相当である場合に限定され、派遣先からの契約解除や傷病による労務提供不能などであっても契約期間の途中での解雇は難しいと考えます。  
 
実務的には、契約期間の満了を待って雇い止めにするのがよろしいのではないでしょうか。