会社で解雇の話が出るときに、よく「解雇権濫用法理」という言葉が出てきますがこれはどういったものなのでしょうか。
 過去の裁判での判例の積み重ねによって確立された法理が、労働契約法16条に明記されたもので、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」という法理です。 

 わかりやすく言えば、解雇が有効と認められるためには、「客観的に合理的な理由」と「社会通念上の相当性」が必要になってくるということです。ただし、過去の判例を見る限り、「社会通念上の相当性」について裁判所は非常に厳格な見方をしていますので、安易な解雇は避けるべきではないかと考えます。