試用期間中の従業員がいますが、欠勤や遅刻が多く勤務態度にかなり問題があります。試用期間中なのですぐに解雇しても問題ないでしょうか。
 試用期間中の従業員といえども、14日を超えて働いている場合には、解雇予告が必要です。すぐに解雇したいのであれば、平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払う必要があります。

 又、試用期間中といえども解雇が自由に行えるわけでなく、試用期間というのは、単に従業員の適格性を判定する期間であることから、通常の解雇よりも広い範囲での労働契約の解約権が与えられているにすぎません。これは試用期間終了後の本採用拒否についても同様です。

 ご相談のような事例での解雇も可能ではありますが、試用期間といえどもすぐに解雇するのではなく、解雇予告の問題をクリアーしたうえで、解雇するに相当な客観的に合理的な理由が存在するのか?又、社会通念上相当であるのか?を社内で十分検討のうえ、慎重に判断する必要があります。