当社では、住宅手当として賃貸住宅または従業員名義の持ち家に居住する従業員に対して一律1万円を支給しています。このような場合には、残業代の計算基礎に含めなくてもよいのでしょうか。
 住宅手当は残業代の計算基礎に含めなくてよい賃金に挙げられていますが、ご質問のように住宅手当を一律に定額支給している場合は残業代の計算基礎に含めなくてはなりません。

 除外するためには、家賃月額5万円未満の者に10,000円、5万円以上10万円未満の者に20,000円というように、住宅手当を家賃月額の区分に応じて支給するか、家賃や住宅ローンの一定割合(家賃の〇%)で支給する必要があります。