従業員から当日に請求された有給休暇を認める必要はありますか。又、一般的に有給は何日前までの請求であれば認めるべきなのでしょうか。
 有給休暇の請求時期については労基法には何も記載していませんが、一般的には「前日の所定終業時刻まで」とされています。ただし、業種や事業規模によっては、直前の請求では業務の正常な運営に支障をきたす場合もありますので、就業規則に明記することを前提に合理的な範囲内での制限は可能ではないかと考えます。
判例においても、「前々日までに請求しなければならないという規定を有効」とした判決があります。

 又、当日になっての急な請求は、原則として拒否することができます。