当社では、経営の合理化を図るため従業員数名に退職勧奨を行う予定です。退職勧奨を行う際にはどのような点に注意するべきでしょうか。
 退職勧奨をするうえで最も注意しなければならないことは、過度に退職勧奨を行わない事です。退職勧奨を行うこと自体は自由ですが、それが威圧的であったり脅迫的なものであれば、退職自体が無効とみなされるだけでなく、不法行為として損害賠償責任を課せられるケースもあります。
 実務的には、失業手当を受給するうえでの優遇点を説明したり、一定の金銭的な補償を提示するなどして、退職をお願いするというスタンスでの勧奨をおすすめいたします。