当社では、残業時間の計算を毎日15分単位で把握し、15分未満の端数は切り捨てて計算しています。このような処理のしかたは法的に問題があるのでしょうか。
 問題があります。残業時間を計算する際、15分未満を切り捨てるのは違法となりますので、基本的には、毎日1分単位で集計していく必要があります。
行政通達で認められている残業時間の端数処理は、
「1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること」(昭63・3・14基発150)になっておりますので、
法的には、日々1分単位で集計し、1か月の合計において30分未満切り捨て、30分以上切り上げという処理が必要になってきます。