当社では、職員採用時に特に書面を交わしておりません。今後、書面で契約書を取り交わそうと思っているのですが、どのような点に留意しておけばいいのでしょうか。
 従業員を採用する際には、会社は労働条件を明示しなければなりません。(労基法第15条)
その労働条件は、賃金や労働時間など書面で明示しなければならない事項と、昇給、賞与、退職金のように口頭でもかまわない事項があります。
労働契約自体は、口頭でも成立するのですが、後々のトラブルを防止する観点から、すべての労働条件を(労働条件通知書)に記載して、その内容での労働契約書を書面にて交わしておくのがベストです。