外国人雇用状況の届出について

令和2年3月1日以降に雇入れ、離職をした外国人についての外国人雇用状況の届出において、在留カード番号の記載が必要となります。

外国人雇用状況届出における届出方法は、雇用保険被保険者の場合とそれ以外の場合で、届出方法が異なります。

 

【雇用保険被保険者の場合】

雇用保険被保険者資格取得届、資格喪失届と一緒に、所定の別様式に在留カード番号を記入し、ハローワークに提出ください。
※電子申請をする場合も、所定の別様式に入力・添付をして申請するようになります。
※別様式での届け出は、雇用保険被保険者資格取得届および資格喪失届が、様式改正(在留カード番号記載欄が追加)されるまでの暫定運用となります。

 

【雇用保険の被保険者でない場合】

様式「外国人雇用状況届出書」に、在留カード番号記載欄が追加されますので、新しい様式で提出して下さい。
 

〇経過措置について
→令和2年2月29日以前に雇い入れ、離職のあった外国人の届け出については、令和2年3月1日以降も経過措置として、これまで通りの届出様式で申請ができます。

 

 

○詳細は下記HPよりご確認下さい。

外国人雇用状況の届出様式について(厚生労働省HP)

外国人を雇用する事業主の方へ(厚生労働省リーフレット)