新年を迎え、皆様も初詣などで神社やお寺にお参りをされた方も多いのではないかと思います。

我が家の初詣は、近所の氏神様に加えて、お隣の街にある石鎚神社へ参拝しております。

今年も相変わらずの正月でしたが、只一つ違うのは今年が私の『本厄』であるという事。

もちろん去年は前厄でしたので、厄除けのお参りをしましたが、今年は本厄ですからねぇ・・・訳が違います。

近所の氏神様の初詣の際、いつもはスルーしている社務所を訪れ、厄除け祈祷の予約です。

どうやら節分(2月3日)までに行う必要があるみたいなので、第一希望日の2月2日(土)で打診した所、あまり日が良くないとの事で、一週間前の1月26日(土)に決定。

これでひとまず安心・・・と、外に出てみると「平成30年 御奉納」の看板が掲げられており、その内容は・・・

「氏名・年齢・奉納した金額

なるほど、ここで大々的に氏名、年齢と共に男前度が発表されるというシステムなんですね!!(たぶん違う。)

1年先輩の「数え」で42歳の奉納金額は・・・っと。なるほど。相場を掴む事に成功しました( `ω´)b

ここは大多数の平均的な金額で行くのが吉と見た!!

この後、この看板に私の名前と共に同級生の名前が並ぶ光景を想像すると、本当に年月の流れをしみじみと感じます。

本厄である今年は、御祈祷で何とか乗り切り、素晴らしい一年にしていきたいと思っております!!

皆様にとりましても、素敵な一年になりますように・・・