夏ですね!!!

毎日暑いですね〜(;´Д`)

 

夏休みに入り、これからたくさんのイベントが待ち構えています。

『夏』の風物詩といえば花火!

新居浜でも、今週金曜日に『にいはま納涼花火大会』が開催されますね。

 

皆さん、花火が打ち上がっている時に鳴る『ヒュ〜』という音の正体ってご存知ですか?

私はつい最近まで、花火が上がる時に自然に出る音だと思ってました・・・(ーー;)

 

この音の正体は、花火玉に付けられた「笛」の音だそうです。

言われてみれば、『ヒュ〜』という音がする花火としない花火があるような・・・

そうなんです!この音、自然に出る音ではなく、人工的に作られた音なんです!

「笛」は筒状になっていて、筒に詰められた火薬に点火すると、火薬が燃焼して音が出るとのこと。

火薬を包む筒が細いほど高音に、太いほど低音になるそうです。

 

でもなぜこの「笛」を付けたのでしょうか?

その理由としては、上空で花火が破裂した時の一番良い状態を

「笛」の音で予告して見逃さないようにするため。

そしてもう一つは、「ドンッ!」という音の前に、見る側の期待を高めるためだそうです。

 

確かにあの「音」は、次にどんな花火が打ち上がるのか、ワクワクさせてくれます!

私たちが花火を楽しむために、いろんな工夫がされてるんですね(*^▽^*)

 

夜でも気温が下がらず蒸し暑い日々が続きますが、花火大会を見に行かれる方、

熱中症には十分気をつけて楽しんできてください(^-^)♪