みなさん、タスク管理はどのように行っていますか?

手帳派の人もいればスマートフォンやパソコンなどデジタルで管理されている方も多いかと思います。

 

私は最近「バレットジャーナル」という手法でのタスク管理に挑戦しています。

これは海外で人気の手帳術の一種で、スケジュール帳などではなく、普通のノートを使い、

自分で内容を手書きでカスタマイズしていくというものです。

 

この「バレット」というのは、箇条書きで使われる「・」←このマークをそう呼ぶそうです。

 

バレットジャーナルでは、最初にこの「・」のマークでタスクを箇条書きにしていきます。

ここまではみなさんもよくやっているかと思いますが、バレットジャーナルではこの「・」を

タスクの進行具合で変形させていきます。

例えばタスクが完了したものは「・」の上に「×」、タスクが完了せずに持ち越しになる場合は

翌週や翌月、次のページに新たに同じタスクを書き込んで移動させた後、もとの「・」の上に「>」書き込みます。

このようにして、ページが終わるときにはすべての「・」が違う記号に変わるようになります。

 

これだといちいち手書きでめんどくさそうですが、アナログ派の私にはなかなか便利です!

スケジュール帳のように決まったフォーマットだと、書き込むスペースが足なかったり余ったり、

タスクが完了していないのにページをまたいでしまったりと、使いづらいことがあるのですが、

これは自分の予定に合わせて調節でき、また普通のToDoリストと違って履歴もきちんと残るので、

「市販のスケジュール帳を使っているけど、いまいち使いづらいな」と感じている方は、

「バレットジャーナル」ぜひ試してみてください。