3月は卒業シーズンですね。

1日には高校、16日には中学校、そして本日22日は小学校の卒業式が行われました。

卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます(*^-^*)

 

卒業式で歌われる曲といえば『仰げば尊し』

この曲が、私が学生時代の卒業式での定番ソングでした♪

でも今は違うそうで・・・

 

『旅立ちの日に』

 

皆さんご存知ですか?

 

この曲は元々、埼玉県秩父市立影森中学校の先生方が生徒達のために作った曲だったそうです。

当時、荒れていた学校を矯正するため、「歌の力は人の心を変えていく」と

音楽教育に力を入れていた校長先生が、教員生活最後の年であった1991年、

「記念となるものを子ども達に残したい」との思いで、校長先生が書き上げた詩に

音楽の先生が曲をつけて出来上がった曲だそうです。

この年の「3年生を送る会」で教職員から卒業生に向けてサプライズで歌われたこの曲が徐々に広まり、

今ではたくさんの学校の卒業式で歌われるまでに☆彡

 

すごく素敵な先生方ですよね!

そしてこの曲をご存知の方はわかると思いますが、本当に良い曲です!!

年々涙腺が緩くなっている私は、この曲を聴くだけで泣けてきます(´;ω;)

「歌の力」ってやつにやられてしまいました・・・

 

 

卒業生の皆さん

この曲の歌詞にもあるように

『未来信じて 弾む若い力信じて』

希望に満ち溢れた次のステージでがんばってください(^^)/