雇用保険の基本手当について受給期間延長の申請期限が変更になりました。

雇用保険の「基本手当」とは、雇用保険の被保険者の方が、定年、倒産、契約期間の満了等により離職した場合に、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、再就職するために支給されるものです。

基本手当は原則、離職日の翌日から1年以内(以下、「受給期間」という。)の失業している日について、一定の日数分支給されます。しかし、この受給期間内に、妊娠、出産等の理由により引き続き30日以上職業に就くことができない場合、その期間雇用保険は受給できない為、ハローワークに申請することにより、受給期間を離職日の翌日から4年以内まで延長することができます。

 

【延長の手続きができる申請期限】

変更前 : 妊娠、出産等の理由により引き続き30日以上職業に就くことができなくなった日の翌日から1ヶ月以内

変更後 : 延長後の受給期間の最後の日までの間であればいつでも可

 

★平成29年4月より前に延長の申請を行い、申請期限が過ぎている・・・ということで受給期間が延長できなかった方についても、新しい制度では延長できる場合もあります。

該当するかも?と思われる場合は、お近くのハローワークにご相談下さい。

 

ただし、延長できたとしても、申請が遅い場合は、基本手当の所定給付日数の全てを受給できない可能性があります。

そのため、当面は仕事につくことが難しい・・・等の理由で、受給期間の延長をお考えの方は、早めにお手続きください。

 

詳細は下記リーフレーットでご確認下さい。

基本受給期間延長の申請期限変更について(厚生労働省HP)