先日、労働法実践セミナーのため高松まで行ってきました。

今回の演題は『政府の「働き方改革」へ企業としてどう対応するか!』

講師は、使用者側弁護士の第1人者である安西愈先生でした。

毎年この時期に安西先生の講演を聞くのが僕のルーティンになっています(笑)

最近は法改正が多いこともあり、内容も盛りだくさんだったのですが、

話の中心は新聞紙上を賑わしている「長時間労働問題」「同一労働同一賃金問題」だったように思います。

 

労働時間管理の重要性と正社員と非正規社員の定義付けの重要性を再認識することができました。

労働力人口の減少局面において、企業側もこれらの課題に対して、今後は、真剣に取り組んでいかないと十分な労働力を確保できない時代が到来しているような気がします。

帰りは、いつものルーティンどおり、同席していた事務所のスタッフとスシロ-で回転寿司とポテトを食べて大好物のメロンソーダを飲んで帰りました。(^^;)