先日、解雇した元従業員から解雇理由証明書を出して欲しいとの申し出がありました。

解雇理由証明書とはどういったものなのでしょうか。

 

労働基準法第22条により、退職時等の証明として、使用者(会社)は解雇された労働者より解雇の理由について証明書を請求された場合には、

遅滞なく解雇の理由を記載した証明書を交付しなければならない旨定められています。 

実務上は、就業規則に則って解雇するケースが多いので、就業規則に定めてある解雇の適用条項号と解雇の具体的理由を証明書に記載するようになります。

書式は任意ですが、都道府県労働局のHPに雛型がありますので活用するとよろしいかと思います。

尚、交付しない場合は労基法違反に問われますので注意が必要です。

ただし、退職してから2年を経過していれば、時効により交付義務は消滅しています。