従業員への貸付金を給料や退職金と相殺しても問題はないのでしょうか。

労基法第24条で賃金の「全額払」が明記されている以上、

貸付金は給料や退職金と当然に相殺できるものではありません。

貸付金を給料や退職金と相殺するには、「賃金控除に関する労使協定」を作成し、その中に貸付金を明記しておく必要があります。

さらに、貸付時には、本人から相殺に合意する旨の書面を得ておくことも実務上重要です。