厚生年金保険の資格取得時の本人確認事務の変更について

 

日本年金機構においては平成28年9月以降、厚生年金保険の資格取得手続きの際、基礎年金番号を「被保険者資格取得届」に記載されている場合であっても、住民票コードを特定し、本人確認を行う事となります。この取組の実施により、届出の氏名・住所等により一致する住民票コードが特定できなかった場合には、資格取得届の処理を保留の上、事業主様あてに「被保険者資格取得届」を返送し、住民票上の住所等を照会させて頂くこととなります。

※この基礎年金番号と住民票コードとの「結び付け」は公的年金にかかるサービスの向上、本人確認の徹底やマイナンバー制度の円滑な施行の為に行い、これにより架空従業員の不正な被保険者資格取得の防止の徹底にもつながると考えられます。

詳しくはこちら↓

日本年金機構HP(厚生年金保険の資格取得時の本人確認事務が変更となります。)

日本年金機構HP(取扱いの概要について)