先日、新居浜・西条経済研究会(5月例会)に参加してきました。

今回の講師はNPO法人地方再興・個別化医療支援 理事長の石川 智久 様。

演題は『地方再興は「人財」育成から始めよ』

石川先生は、理学博士で国内・国外の大学や製薬会社で研究を続けられインフルエンザ迅速診断キット等医薬品関係の研究開発に携わってこられたそうです。そして、最近まであの理化学研究所に在籍し研究をされていたという…また、今月も理系の話ですね(-_-;)

理化学研究所を例の事件(その真相についても関係者ならではの詳しいお話をお聞き出来て大満足♪)でゴタゴタしている時期に退職され、横浜に現在在籍されている「NPO法人地方再興・個別化医療支援」を立ち上げられ、さらに先生の故郷である西条市に事業所も設立。まさに、「地方再興」の為に日々邁進されていらっしゃいます。

そして、「個別化医療支援」については…私にとってこれは本当に難しい話でした(@_@;)先生が目指してしている所は、患者一人ひとりの遺伝子検査を行い、遺伝子レベルで治療方・投薬の方針を決定していく…さらに、その情報が一つにまとめられている「健康カード」を普及させ、これを基に各医療機関等で情報を共有し、健康増進・社会貢献に繋げていく…そして、その実現の為には製薬会社との連携や医療関係者・研究者の育成が不可欠であると・・・何かすごい事なんだということはわかりますが…ごめんなさい。きっちり理解できていません(/_;)

 

今月も思い知らされました。

やっぱり、理系の人って、スゴイ。

やっぱり、私は一生、文系のままです(+_+)